いよいよ明日、天体ショー^^

 いよいよ、皆既日食が明日午前11時ごろから見られますが、どうやら肝心の天気があまり良くないようですね。皆既日食がきれいに見られる位置にあるトカラ列島から奄美大島のあたりは曇りの予想で、少し離れた沖縄ではどうやら晴れの予報。うす曇りの場合は雲の切れ間から見られるかもしれないそうですが、どうなるでしょうか。
 一方、部分日食が見られる他の地域では、梅雨前線の影響で曇りや雨の地域が多く、東京でも午前中は曇りとのこと。

 TV局では生中継を行うところあり、インターネットでは特集を組んだサイトが目白押し。もし天候の影響で見られなくても、中継で見るかな~happy01

 ところで、私の子どもの頃に部分日食を見たことがあるのですが、その時に日食を見るアイテムとしてススを付けたガラス板を使ったのですが、これが今では使ってはいけないということになっているらしいのですsad 目に悪いらしい・・・って!! あの時は使ってたよ!!shock

☆関連サイト国立天文台 アストロアーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第9惑星、発見の可能性?

 太陽系の第9番目となる未知の惑星が海王星の外側に存在する可能性が高いことを、神戸大パトリック・リカフィカ研究員と向井正教授(地球惑星科学)が詳細な理論計算で世界で初めて突き止めた。理論が正しければ、大規模観測によって10年以内には新惑星が発見で来るだろうということだ。この成果は、4月発行のアメリカ天文学専門誌「アストロノミカル・ジャーナル」で発表される。リカフィカ研究員らによると、突き止められた惑星は海王星の外側にあり、楕円軌道を回っている。大きさは地球の3~7割で、直径は地球並の1万~1万6000キロとみられ、氷と岩石でできた天体だと仮定される。〔読売新聞より

 2006年8月にそれまで「惑星」とされてきた冥王星が惑星の地位から降格したことは、センセーショナルな話題として記憶に残っている方もいるでしょう。今回、その冥王星の地位を埋めるかもしれない太陽系第9番目の惑星が存在する可能性が高いと報じられ、またまたセンセーショナルな話題が天文ファンの話題をさらいそうだ。

☆関連サイト☆

アストロアーツ太陽系外縁部に未知の惑星の存在を予測

神戸大学・大学院理学研究科 惑星科学研究センタープレスリリース

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

その後のかぐやちゃん Ⅱ

 9日、月探査衛星「かぐや」に搭載している2つの子衛星のうち「リレー衛星」の分離に成功しました。また、親機に搭載されたモニターカメラで月を初めて撮影して画像を公開しました。分離されたリレー衛星は、月の裏側の重力場を観測するための小型衛星で、かぐやに搭載されているもう1つの子衛星「VRAD衛星」とともに月を楕円(だえん)軌道で周回します。カメラは親機のアンテナの状態を監視するためのもので、作動試験を兼ねて撮影、送られてきた画像にはアンテナや観測機器の後方に、約1500キロ離れた月面の様子が写っていました。地球の裏側の月の様子が移っており、クレーターの姿もくっきりと映っていました。もう一つの子衛星「VRAD衛星」は12日に分離します。

リレー衛星:月の裏側の重力の分布を測定します。月の磁場を詳しく測定します。地上局と主衛星との通信を中継します。

VRAD衛星:月の電離層を調べます。月の表側の重力の分布を調べます。

☆関連サイト☆

宇宙航空研究機構リレー衛星の分離

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その後のかぐやちゃん

 9月に種子島宇宙センターから打ち上げられた月周回衛星「かぐや」が1日、搭載しているハイビジョンカメラで地球の動画撮影に成功、美しい地球の映像を送ってくれました。

 かぐやは当初、13日に打ち上げ予定でしたが、天候の関係で14日に変更されましたが無事打ち上げられ、地球を2周ほど周ってから月への軌道を取りました。その途中、約11万キロ離れた場所から地球を撮影しました。まさに「青い地球」という青さ、美しさ、大陸などもきちんと見え、真っ暗の宇宙にぽっかりと浮かんだ様子が見て取れます。

 この後かぐやは4日にエンジン噴射して月周回軌道に入る予定で、12月中ごろには待望の月観測が始まる予定です。

☆関連サイト☆

宇宙航空研究開発機構かぐや特設サイト かぐやは今どこ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いよいよ、かぐや打ち上げへ

 13日に鹿児島県種子島宇宙センターから、月周回衛星「かぐや」が打ち上げられます。衛星はH2Aロケット13号機で打ち上げられ、月周回軌道上で月の起源や進化などを解明するためのデータ取得などをします。アメリカアポロ計画以来の本格的な月探査になる今回、多くの成果を期待され、いよいよ、打ち上げです。

 打ち上げの様子は各地のライブ中継会場やウェブサイト、ケーブルテレビなどでも配信するようなので、この機会にご覧になってはいかがですか?

*天候の関係で14日に打ち上げが延期されました。(13日加筆)

☆関連サイト☆

宇宙航空研究開発機構かぐや打ち上げ特設サイト ライブ中継会場

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

皆既月食

 28日に見られる皆既月食は、6年半ぶりにほぼ全国で見られます。今回は28日の午後5時51分からですが、この時間だと地平線の低い位置ということと、ほぼ欠けた状態で月の出が始まります。月の欠けた状態が終わるのは東京で9時23分頃なので、それまでには見えるとのこと。特に、東日本のほうが月食を観察できる時間が長く、条件もいいようです。

 昨夜、夜空を見上げました。そろそろ満月に近くなり、ぷっくりとふくよかなお月様が浮かんでいました。次に日本で皆既月食が見られるのは、2010年12月です。この機会に夜空を見上げて、天体ショーを楽しんではいかがですか?

☆関連サイト☆

国立天文台皆既月食どんな色?

アストロアーツ皆既月食

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ペルセウス座流星群、13日が出現ピーク!

 今年も夏の風物詩として観察したい、ペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎えます。今回はちょうど新月に当たり、月明かりに影響を受けないという好条件で、あとは天気がよければよく見えるとのことです。ペルセウス座は真夜中に北東の比較的高い場所に上がるため、流星群は午前零時すぎから明け方にかけて肉眼でも夜空を見渡すと見つけやすいようだ。11日夜から14日の朝にかけては、流星を探してみましょう。

☆関連サイト☆

国立天文台夏の夜、流れ星を数えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

月周回衛星、愛称は「かぐや」

 宇宙航空研究開発機構は6日、鹿児島種子島宇宙センターから8月に打ち上げる予定の月周回衛星(SELENE)の愛称を公募していた結果、「かぐや」に決定したと発表しました。応募総数は1万1595件で、竹取物語にちなむ「かぐや」がトップの1701件、「かぐやひめ」が804件で2位でした。

 セレーネは15種類の観測機器を搭載、8月ごろ鹿児島・種子島宇宙センターから、H2Aロケットで打ち上げられる予定です。月を約1年間回りながら月面の地形や鉱物分布、重力などを調べます。アメリカアポロ計画以来の本格的な大型月探査衛星となるセレーネ、愛称も決まり、今後の活躍に期待が高まっています。

☆関連サイト☆

宇宙航空研究開発機構月周遊衛星 セレーネ愛称の選考結果について

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水星と金星の競演

 6月1日に、水星と金星が日没直後の西の空に同時に見られるそうです。2002年5月以来5年ぶりの競演に、国立天文台は1日夜から10日夜までを「内惑星ウイーク」として、観測を呼びかけています。

 どんな競演が見られるか、楽しみですね。

☆内惑星:太陽系惑星の中で、地球よりも内側を周っている惑星をいう。水星と金星がこれに当たる。

☆関連サイト☆

国立天文台HP内惑星ウイーク

国立科学博物館HP金星や水星はなぜ夕方や明け方しか見えないのですか?

アストロアーツHPイベント情報

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

準惑星?

 去年8月にチェコプラハで開催された国際天文学連合(IAU)の総会で、ものの見事に「惑星」の地位から転げ落ちてしまった「冥王星」が、「dwarf planet」の新分類に入れられたことは、天文学ファンでなくても驚きの結果でしたね。

 その後、日本学術議会では、新分類の「dwarf planet」を日本語で表記する時の名称を検討していましたが、21日、同会議の小委員会は「準惑星」と表記することを推奨すると決めました。正式決定は4月に行なわれる同会議の幹事会で承認を得てからですが、仮訳として今まで使われていた「矮(わい)惑星」は推奨しないということになったようです。また、冥王星を含む海王星以遠にある小天体群(エッジワース・カイパーベルト)の名称を「太陽系外縁天体」、小惑星・彗星などを「太陽系小天体」、太陽系縁天体で直径が大きいものを「冥王星型天体」と呼ぶことを決め、これも正式決定は4月になるということです。

 ただ、まだまだ定義上の天体の細かな区分などがIAUで検討されている最中なので、「混乱を招く」として、当面は学校教育など社会一般には「準惑星」の用語を積極的に使用することは勧めない方針だそうです。どうやら学校などの教科書では「準惑星」の名称は使われないことになりそうですね。では、どんな時に使うの?^^; 学術的にだけということでしょうか? なんだか、余計「混乱」しそうですね^^;

☆関連サイト☆

日本学術会議HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|