戀憐歌 Ⅰ

最近、戀憐歌を書き出しました。詩あり、短歌のようなものありですが、ご覧になってください。

~声を聞かせて~

今、あなたの声が聞きたいのです 無性に、あなたの声が聞きたいのです あなたのその声やその吐息を、この耳で感じたいのです あなたの姿を焼き付けたこの瞳に、あなたのその姿を見出せるように

今、あなたの声が聞きたいのです ただ、無性に、あなたの声が聞きたいのです 泣き出してしまいそうになる私の心に、あなたのその声を響かせてください 明日への希望を失いかけた私の胸に、あなたの声を響かせてください 涙がこぼれてしまわないように、挫けそうになる心を叱咤する力をください

あなたの声が・・・あなたのその声だけが聞きたいのです ただ、あなたの声だけが、私の心を揺さぶるものだから・・・

だから・・・今、あなたの声を聞かせてください あなたのその声を・・・

~やさしさ~

あなた、私に優しくしないでください 心が挫けそうになるから 涙がこぼれそうになるから

あなた、私に優しくしないでください あなたの優しさが怖くなるから 涙が抑えきれなくなりそうだから これからも強く生きてゆくために

あなた、私に優しくしないでください 悲しさで心が駄目になってしまいそうだから だから、あなた、私に優しくしないでください 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|