作家・氷室冴子さん死去

 作家の氷室冴子さんが6日、肺がんのため死去しました。51歳でした。氷室さんは北海道岩見沢市出身で、大学在学中「さよならアルルカン」で小説ジュニア青春小説新人賞の佳作に入選してデビュー。平安時代が舞台の「なんて素敵にジャパネスク」や「ざ・ちぇんじ!」、「クララ白書」などの作品を生み出した少女小説作家を代表する一人でした。また、「海がきこえる」はスタジオジブリによってアニメ映画化されました。

主な作品:さよならアルルカン(1979年)、クララ白書(1980年)、雑居時代(1982年)、ざ・ちぇんじ!(1983年)、なんて素敵にジャパネスク(1984年)、なぎさボーイ(1984年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キャラクターグッズ、勢ぞろい?!

 東京駅の八重洲口にある地下商店街「東京駅一番街」の一角に8日、「東京キャラクターストリート」がオープンした。一番街に元々点在してあったキャラクターショップなどを一区画にまとめて拡充して、ストリートに再構成した。ここには、ハローキティスヌーピーなど人気キャラクター専門店をはじめ、NHK、在京民放キー局(日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京)が出店、これまでお台場汐留などにある各テレビ局本社にあったオリジナルグッズショップが東京駅に集結、14店舗が一堂に会する新スポットとしてスタートした。〔フジサンケイビジネスアイ、nikkei TRENDYnetより

 東京駅といえば、駅周辺では再開発で新丸ビルなどの新スポットのオープンが目白押しですね。駅も煉瓦造りの丸の内駅舎の復原工事、八重洲口の二つのタワーbuildingノースタワーサウスタワー)の完成、エキナカの充実など話題に事欠かない場所となっています。今一番ホットな場所のひとつですね。まだ新丸ビルに行っていないので、このニュースを見てますます東京駅へ行きたくなりましたhappy01

☆関連サイト☆

JR東日本TOKYO STATION CITY

東京駅一番街東京キャラクターストリート

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|