« 全国初の電気タクシー登場!? | トップページ | 海派?山派? »

9月注目の展示会・イベント

☆今月オープンの博物館・美術館など☆

☆今月の気になる展示会・イベントなど☆
1(火)~26(土):名優たちの系譜 幕末・明治の歌舞伎と現在浮世絵 太田記念美術館(東京・渋谷) 入館料:一般700円、大高生500円、小中生200円 江戸時代から続く歌舞伎の大名跡を、幕末・明治の浮世絵師が描いた役者絵を通して紹介
3(木)~10/25(日):ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまでBunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷) 料金:一般1300円、大学・高校生900円、中学・小学生600円 姫路市立美術館所蔵のベルギー美術コレクションから、19世紀末から20世紀の作品を中心に紹介
5(土)~10/12(月):開館30周年記念 江戸文化シリーズNo.25 御赦免300年記念 一蝶リターンズ~元禄風流子 英一蝶の画業~板橋区立美術館(東京・板橋区赤塚) 入館料:一般600円、高校・大学400円、小・中学生150円 江戸・元禄期を代表する画家・英一蝶の世界を紹介
9(水)~11/15(日):ちひろ美術館コレクション展 ねこねこ大集合ちひろ美術館・東京(東京・石神井) 入館料:一般大人800円、高校生以下無料
9(水)~11/15(日):出版記念展 ちひろ いのちの画集ちひろ美術館・東京(東京・石神井) 入館料:一般大人800円、高校生以下無料
9(水)~2010.3/7(日):常設展示 ガラス工芸「ガレ、ドーム、ティファニーのガラス 花ひらくアール・ヌーヴォー」ポーラ美術館(神奈川県・箱根) 入館料:大人1800円、大学生・高校生1300円、中学生・小学生700円 19世紀末から20世紀初頭にかけてのアール・ヌーヴォーの作品を展示・紹介
12(土)~10/12(月):静嘉堂文庫の古典籍 第8回 源氏物語の世界静嘉堂文庫美術館(東京・二子玉川) 入館料:一般800円、大高生500円、中学生以下無料
12(土)~11/29(日):ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ損保ジャパン東郷青児美術館(東京・西新宿) 入館料:一般1000円、大学・高校生600円、中学生以下無料 ブリュッセルにあるベルギー王立美術館のコレクションから絵画約70点を紹介
12(土)~11/29(日):企画展 オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー世田谷美術館(東京・) 観覧料:一般:1300円、大・高生1100円、中・小生600円
12(土)~11/29(日):手漉き和紙の今~日本の心2000年紀「和紙總鑑」~紙の博物館(東京・北区王子) 入館料:大人300円、小中高100円 日本の美しい手漉き和紙の数々を展示・紹介
12(土)~2010.3/7(日):企画展 ボナールの庭、マティスの室内 日常という魅惑ポーラ美術館(神奈川県・箱根) 入館料:大人1800円、大学生・高校生1300円、中学生・小学生700円
15(火)~2010年.2/7(日):日本カメラ博物館 開館20周年特別展「メイド・イン・ジャパン 日本のカメラ100年の歩み日本カメラ博物館(東京・半蔵門) 入場料:一般300円、中学生以下無料

19(土)~10/18(日):芭蕉 「奥の細道」からの贈りもの出光美術館(東京・丸の内) 入館料:一般1000円、高・大生700円、中学生以下無料(保護者同伴のみ) 同館の中から厳選したコレクションと「奥の細道」の旅関連の書跡を合わせて展示
19(土)~11/3(火):美しの和紙ー天平の昔から未来へサントリー美術館(東京・六本木) 入館料:一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
19(土)~11/8(日):特別展 よみがえる浮世絵~うるわしき大正新版画~江戸東京博物館(東京・両国) 観覧料金(特別展観覧券):一般1300円、大学生・専門学校生1040円、小学生・中学生・高校生650円 *常設展共通券有り、小学生と都内在住・在学中学生は常設展観覧料無料
19(土)~11/23(日):大・開港展 徳川将軍家と幕末明治の美術横浜美術館(神奈川県・横浜みなとみらい) 入館料:未定 横浜開港150周年記念と開館20周年を記念して開かれる展示会 幕末明治の激動の時代の徳川将軍家ゆかりの史料や美術品と、明治の皇室への献上品や御買上美術品などを中心に紹介
19(土)~11/29(日):秋の特別展 ドキドキ!土器っておもしろいー世界の土器の始まりと造形ー展古代オリエント博物館(東京・池袋サンシャインシティ文化会館内)
19(土)~12/13(日):国立西洋美術館開館50周年記念 古代ローマ帝国の遺産ー栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ―国立西洋美術館(東京・上野) 入館料:一般1500円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料 古代ローマ帝国の遺産と300年にわたる栄光の軌跡をたどる
19(土)~2010.1/11(月):聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝上野の森美術館(東京・上野) 観覧料:大人1400円、高大生1200円、小中生800円 チベットの国宝級の名品、密教美術などを紹介
24(木)~10/3(土):ディック・ブルーナ展東京會館ギャラリー(東京・丸の内) 「うさこちゃん」として有名なミッフィーの絵本のオリジナル版画を展示
25(金)~12/14(月):THE ハプスブルク国立新美術館(東京・六本木) 観覧料金:一般1500円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料 13世紀から20世紀初頭までの長きにわたりヨーロッパを君臨した名門王家・ハプスブルク家 歴代の王が集めた美術品の数々をウィーン美術史美術館とプタペスト国立西洋美術館所蔵の約120点を展示・紹介

|
|

« 全国初の電気タクシー登場!? | トップページ | 海派?山派? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/45285097

この記事へのトラックバック一覧です: 9月注目の展示会・イベント:

» 美の名言 [美の名言]
『美の名言』人名五十音順索引 [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 07:46

« 全国初の電気タクシー登場!? | トップページ | 海派?山派? »