« 横浜 開国博Y150 Ⅱ | トップページ | 横浜 開国博Y150 Ⅳ »

横浜 開国博Y150 Ⅲ

Sn3f0139 次は「赤レンガ会場」(無料会場)です。赤レンガ倉庫の前には、開国博のマスコット・たねまるなどの公式記念グッズを販売したり、開港にゆかりのある国の特産物や飲食物を集めたバザールゾーンが入った建物があり、ここでお土産を物色。日本酒やワインの試飲もあったので、いただきました。

 普段は車が多いので飲めないけど、今回は車ではなかったので、安心して飲めますね。美味しかったですhappy01

 [写真:赤レンガ倉庫2号館

Sn3f0142 赤レンガ倉庫は、明治44年(1911年)に建設され、日本初のエレベーターがつくなど当時の最新鋭の技術が生かされたものでした。関東大震災(大正2年)で1号倉庫が半壊、第二次大戦終戦後は、米軍の総司令部として接収(昭和20年)され、横浜港を含む一帯が立ち入り禁止になり、昭和31年(1956年)まで港の機能は止まった状態となっていました。

 その後貿易が再開されると、一旦は取扱貨物量なども持ち直しましたが、貨物のコンテナ化やほかの埠頭に機能が移っていったことなどを背景にそれも激減、平成元年(1989年)には倉庫としての役目を終わりました。

 平成4年(1992年)に横浜みなとみらい21の整備に伴って周辺の再開発計画が進められ、赤レンガ倉庫を取得した横浜市は周辺地域と一体化した整備を開始、倉庫もこの時修復・保存の工事が5年以上の月日をかけられて行われました。平成14年(2002年)4月に現在の赤レンガパークとしてオープンされ、新しい観光名所としての役割を与えられることとなったのでした。

Sn3f0143

 昔は倉庫として使われていたところも、今は雑貨やアクセサリーなどのショップやカフェ・レストランが立ち並ぶ商業施設となっています。

 [写真・2枚とも:赤レンガ倉庫・2号館からのぞむ1号館

 赤レンガ倉庫ホームページ

Sn3f0144 そして歩き疲れたらこちら、やっぱり甘いものですねhappy02 チーズケーキの美味さに一息つきました。

|
|

« 横浜 開国博Y150 Ⅱ | トップページ | 横浜 開国博Y150 Ⅳ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/45439406

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 開国博Y150 Ⅲ:

» ローズブリット rosebullet [ローズブリット rosebullet]
ローズブリット rosebulletのワンピースやスカートやアクセサリーの紹介に店舗や通販などローズブリット rosebulletの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 17:26

« 横浜 開国博Y150 Ⅱ | トップページ | 横浜 開国博Y150 Ⅳ »