« 季節の花々~初夏の花たち | トップページ | 季節の花々~水無月に・・・ »

7月注目の展示会・イベント

☆今月オープンの博物館・美術館など☆
5日(日)から:笠岡市立カブトガニ博物館(岡山県笠岡市横島) 入館料:一般510円、高校生300円、小・中学生200円 カブトガニをメインテーマとした博物館 開館20周年を記念し館内を改装・リニューアルオープンした 同時にイメージマスコット・カブ海ちゃんが新たに加わった
11日(土)から:まつだい郷土資料館(新潟県十日町市松代) 入館料:一般(高校生以上)300円、小中学生100円 震災で地すべり地区となった池尻地区にあった資料館を、保存を兼ねて移築してオープン 北越急行ほうほく線のまつだい駅近くにあり、総ヒノキ造りの2階建てには、養蚕が盛んだったころの糸車や農機具、新たに建てられた蔵造り風の収蔵庫には民具やのうぐなどを展示
25日(土)から:古代エジプト美術館(東京都渋谷区神南) 入館料:一般1500円、大学生1200円、高校生以下1000円 古代エジプト遺物コレクターの菊川匡氏の私設美術館で日本初の古代エジプト専門美術館 1000点を超える所蔵品の中から常時約100点を入れ替えながら展示 その他にも暗号を解きながら秘法を探し出す体験型展示や、映像の上映などもある

☆今月の気になる展示会・イベントなど☆
1(水)~8/26(水):江戸時代を旅してみよう浮世絵 太田記念美術館(東京・原宿) 入館料:一般700円、大高生500円、小中生200円 葛飾北斎や歌川広重の名所絵を通じて江戸の名所をめぐる
3(金)~9/23(水):ゴーギャン展東京国立近代美術館(東京・丸の内公園内) 観覧料:一般1500円、大学生1000円、高校生600円、中学生以下無料 ゴーギャンの傑作「我々はどこから来たなのか 我々は何者なのか 我々はどこへ行くのか」を本邦初公開
4(土)~7/28(火):大倉喜八郎と大倉集古館ー事業と美術品蒐集の軌跡大倉集古館(東京・虎ノ門 ホテルオークラ内) 入館料:一般800円、大学・高校生500円、中学生以下無料 大倉集古館の創立者・大倉喜八郎の生涯を通じて美術品蒐集の軌跡を追う
4(土)~9/6(日):日本・ギリシャ修好110周年記念特別展 写楽 幻の肉筆画 ギリシャに眠る日本美術~マノスコレクションより江戸東京博物館(東京・両国) 特別観覧料:一般1300円、大学生・専門学校生1040円、小学生・中学生・高校生650円 *常設展共通券あり ギリシャの国立コルフ・アジア美術館にて平成20年に発見された写楽の肉筆画を始め、同館が所蔵する浮世絵などのコレクションを紹介
11(土)~8/23(日):ジョルジュ・ビゴー展―碧眼の浮世絵師が斬る明治― :東京都写真美術館(東京・恵比寿) 観覧料:一般800円、学生700円、中高生600円 明治にフランス人画家・ジョルジュ・ビゴーが描いた日本の情景を紹介
11(土)~8/30(日):ちひろ美術館コレクション ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち損保ジャパン東郷青児美術館(東京・新宿) 入館料:一般1000円、大学・高校生600円、中学生以下無料 ちひろ美術館所蔵の絵本原画コレクションの中から、世界18カ国の著名な画家の約120点を展示
11(土)~9/6(日):特別展 知られざるタオの世界「道教の美術 TAOISM ART」―道教の神々と星の信仰ー三井記念美術館(東京・日本橋) 料金:一般1200円、大学・高校生700円、小・中学生無料 中国の老子を祖とする道教は日本でも古くから生活の中に根付いているが、特に深くかかわりのある修験道や陰陽道、星の信仰に焦点をあてる展示会
11(土)~10/25(日):うみのいろ うみのかたち -モネ、シスレー、青木繁、藤島武二などブリヂストン美術館(東京・日本橋) 入館料:一般800円、大・高校生500円、中学生以下無料 同館所蔵のコレクションから「海」をテーマにした絵画作品を展示
14(火)~9/6(日):第62回式年遷宮記念 特別展 伊勢神宮と神々の美術東京国立博物館 本館、平成館(東京・上野) 観覧料:一般1400円、大学生1000円、高校生700円、中学生以下無料 式年遷宮を記念して伊勢神宮の神宝をはじめ、絵画、考古遺物、工芸品などから伊勢神宮の歴史などを紐解く 
14(火)~10/12(月):特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン国立科学博物館(東京・上野) 入館料:一般・大学生1400円、小・中・高校生500円 これまで発掘された数々の遺物品や大画面ハイビジョン映像で謎のシカン遺跡を紹介
15(水)~9/6(日):ちひろとローランサンちひろ美術館・東京(東京・練馬区下石神井) 入館料:大人800円、高校生以下無料

18(土)・25(土):サマーナイトファンタジー ~ホタルの小径と夜の動物たち~東武動物公園(埼玉県・南埼玉郡) 参加費(入園料含まず):未定 ホタル鑑賞
18(土)~8/30(日):アニメサザエさん展長谷川町子美術館(東京・世田谷区桜新町) 入館料:一般600円、大高生500円、中小生400円
18(土)~8/31(月):地球と宇宙の環境科学展 消えた生き物の謎と秘密日本科学未来館(東京・江東区青海) 入館料:大人1600円、18歳以下900円 日経ナショナルジオグラフィック社などのコンテンツをもとに地球の歴史を振り返る
18(土)~9/27(日):恐竜2009 砂漠の奇跡幕張メッセ(千葉県・幕張) 入場料金:一般2500円、小中高生1200円 世界最大級の恐竜やミイラ化石など初公開の恐竜を多数展示・紹介 
18(土)~10/4(日):メアリー・ブレア展東京都現代美術館(東京・江東区木場) 料金:大人・大学生1100円、中高生900円、小学生600円、小学生未満無料 「シンデレラ」などのディズニー映画のコンセプト・アートやカラー・スタイリングなどを手がけたメアリー・ブレアの作品と生涯を紹介
24(金)~8/16(日):人形師 辻村寿三郎×百段階段展~「雨月物語」から「平家物語縁起」へ~目黒雅叙園(東京・目黒) 料金:1500円、小学生1000円、未就学児無料 人形師辻村寿三郎が織りなす独創的な人形たちと江戸文化の様式を今に伝える「百段階段」のコラボレーション
24(金)~8/23(日):放送35周年記念 ラスカルと世界名作劇場展玉川高島屋S.C(東京・二子玉川) 入場料:一般・大学生・高校生500円、中学生以下無料 「アライグマラスカル」や「フランダースの犬」などの名作をアニメとして放送していた「世界名作劇場」の原画やセル画などを展示 上映会もあり
29(水)~8/4(火):ディズニーアート&コレクションフェア大丸東京店(東京・日本橋)
29(水)~8/10(月):プリンセス・ダイアナ展~その輝きの日々~:日本橋三越本店(東京・日本橋) 入場料:一般・大学生700円、高校・中学生500円、小学生以下無料 1997年に不慮の事故によって亡くなったダイアナ元妃を、生前撮影し続けてきた英国皇室公認カメラマンの約140点にのぼる写真や、貴重な展示品などにより振りかえる

|
|

« 季節の花々~初夏の花たち | トップページ | 季節の花々~水無月に・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/44677577

この記事へのトラックバック一覧です: 7月注目の展示会・イベント:

« 季節の花々~初夏の花たち | トップページ | 季節の花々~水無月に・・・ »