« アーサー・クラーク氏、逝く | トップページ | 季節の花々~なんだか寒いですね »

運慶作仏像、海外流出回避

 鎌倉時代の仏師、運慶の作品と見られる木造大日如来像が18日、ニューヨークの競売商クリスティーズで競売に掛けられ、日本の大手百貨店・三越が1280万ドル(約12億7000万円)で落札した
 作風などから運慶作と見られるこの仏像は、現在の所有者が2000年に北関東の古美術商から入手、2003年に東京国立博物館の調査で運慶作の可能性が高いと判断され、翌年には同博物館で公開され脚光を浴びた。文化庁文化財指定を検討したが、所有者の合意が得られず見送りとなった。ニューヨークで競売に掛けられることとなり、海外流出の可能性が上がり、栃木県足利市などでは流出阻止を求める署名活動なども行なわれた。18日に三越が落札したことで海外流出は一応回避された形となった。
 当初の予想落札額、150~250万ドル(約1億5000万~2億5000万円)を大きく上回り、1280万ドル(約12億7000万円)で落札され、クリスティーズによると日本の美術品としては過去最高額という。

 写真で見ると、ふっくらとしたお顔立ちで、しっかりと胸の前で結ばれた智拳印、一般の大日如来に見られるような瓔珞臂釧などのアクセサリーも身につけていないようです。光背台座も流転の内に無くされたようで、それでも、人を引きつけるその神々しさだけは感じ取れる一品ですね。それにしても12億以上の値が付くとは・・・改めてすごいですねcoldsweats02

*運慶:鎌倉初期の仏師 主な作品としては奈良・東大寺南門の金剛力士像(運慶工房作)、奈良・興福寺北円堂の弥勒物坐像、奈良・円成寺の大日如来坐像など その他にも運慶作と推定される・あるいは運慶作とする説がある作品など日本各地に多く存在する

☆関連サイト☆

新・仏像世界如来

|
|

« アーサー・クラーク氏、逝く | トップページ | 季節の花々~なんだか寒いですね »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/40567447

この記事へのトラックバック一覧です: 運慶作仏像、海外流出回避:

« アーサー・クラーク氏、逝く | トップページ | 季節の花々~なんだか寒いですね »