« 都電荒川線、新型車両デザイン発表! | トップページ | 4月注目の展示会・イベント »

“愛”の兜、展示へ

 来年のNHK大河ドラマの主人公、直江兼続の居城があった新潟県長岡市与板歴史民俗資料館に、兼続の甲冑の原寸大レプリカが3月から展示される。同館にあったレプリカが本物と似ても似つかないものであったため、長岡市山形県米沢市上杉神社に協力を要請し、同神社所蔵の「金小札浅葱糸威二枚胴具足」を忠実に複製した。同館では展示数を3倍に増やした新しい兼続コーナーをオープン、それを記念して3月いっぱい入場料を無料にすることとした。〔産経新聞より

 大河ドラマで採りあげられた地域は観光客が増加しますが、新潟県では放送に合わせてさまざまなイベントが行なわれます。南魚沼市では市内に整備される「直江兼続公伝世館」や来年1月から「天地人博」が開かれることになっています。来年はぜひ行ってみたいところですね。

☆関連サイト☆

長岡市与板歴史民俗資料館

南魚沼市観光協会天地人

|
|

« 都電荒川線、新型車両デザイン発表! | トップページ | 4月注目の展示会・イベント »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

天地人博かぁ~行ってみたいものですね。
あの甲冑のレプリカは300万ほどしたそうですよ

投稿: 直江兼続 | 2008年3月 2日 (日) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/40310404

この記事へのトラックバック一覧です: “愛”の兜、展示へ:

« 都電荒川線、新型車両デザイン発表! | トップページ | 4月注目の展示会・イベント »