« 上野・展示会めぐり Ⅱ | トップページ | 季節の花々~寒い日の午後に »

上野・展示会めぐり Ⅲ

 次は東京国立博物館へ移動です。

Ca330352 いつも何気なく写真に収めてしまうこの建物・・・というか、ライオンが可愛いんですよね。「みどりのライオン」と書かれた横断幕、でも、それだけでは何の建物か判らないですよね^^; そんなところも、いいのかも^^ 緑色のドーム状の屋根もいいですね。正体は教育普及活動を行なう場所だそうです。

 〔写真:東京国立博物館敷地内 表慶館

Ca330353  そして、平成館で「宮廷のみやび 近衛家1000年の名宝」展が開催されていました。旧公家・近衛家の宝、京都にある陽明文庫所蔵の国宝を中心に約20万点を展示してありました。

 最初に展示されていたのは、「藤原鎌足像」の掛け軸でした。藤原鎌足は近衛家の遠祖に当たり、長子の定恵ともう一人の子で本当の意味での藤原氏の始祖である藤原不比等とともに描かれています。

 特に私が気に入ったのは、第2会場にある銀細工の雛道具です。いわゆるミニュアですね。御所人形や芥子人形なども可愛かったですね。その他にも日記などの巻物を中心に和歌、絵巻、屏風、太刀などなかなか見ごたえのあるものばかりでした。

 *関連サイト東京国立博物館 特別展

|
|

« 上野・展示会めぐり Ⅱ | トップページ | 季節の花々~寒い日の午後に »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵……(うっとり)
 いいですねぇ、上野の展示会巡り。
 こういう時には本当に首都圏の方が羨ましいです。
 嗚呼、ロボットも古典文学も心惹かれるのです。

それでは、遅くなりましたが。
 本年もよろしくお願い致します(^^)。

投稿: 瀬生 曲 | 2008年1月20日 (日) 00:20

☆瀬生さん☆
いつもコメントありがとうございます^^
上野にはたくさんの博物館や美術館があって、それぞれに特色のあるところばかりで見ごたえがありますね。
いつも、2~3ヶ所廻ってます^^

投稿: 葵留美 | 2008年1月27日 (日) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/17667224

この記事へのトラックバック一覧です: 上野・展示会めぐり Ⅲ:

» 落穂ひろい(18)平安王朝に思いを馳せて [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
 「見たことがありますか?道長自筆の日記」 こんなサブタイトルにひかれて上野の東 [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 10:04

« 上野・展示会めぐり Ⅱ | トップページ | 季節の花々~寒い日の午後に »