« ミツバチ集団失踪、日本でも | トップページ | 猛暑で火災報知機誤作動?! »

9月注目の博物館・美術館

☆9月オープンの博物館・美術館☆

9/15(土):萩博物館:山口県萩市

 常設展示スペースがリニューアルオープン  萩市の歴史などが充実した 観覧料:大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円

9/15(土):佐川美術館 楽吉左衛門:滋賀県守山市水保町

 佐川美術館に陶芸家の十五代楽吉左衛門さんが自ら設計した「楽吉左衛門館」を増築 茶室が併設され、展示室には黒楽茶碗など44点を展示 入場料:一般100円、高大生600円、小中学生300円

9/20(金):帆風美術館:青森県八戸市

 日本画をデジタル技術を駆使して忠実に複製した印刷物を展示、触れることもできる 入場無料

9/29(土):緑と花と彫刻の博物館:山口県宇部市

 宇部市沖宇部の常盤公園内にオープンした博物館 多種多様な熱帯植物を展示している熱帯植物館と現代日本彫刻展の入賞作品などを設置している野外彫刻美術館、ときわ湖水ホール彫刻屋内展示室の3施設を融合していて、全国でも珍しい彫刻美術館と植物園との複合館となっている 入場無料

☆9月の気になる展示会☆

9/1(土)~10/21(日):開館記念特別展「BIOMBO/屏風 日本の美」展サントリー美術館(東京・六本木)

 日本の住空間を飾ってきた屏風の歴史や役割について紹介

9/1(土)~9/26(水):浮世絵師たちのシニア・パワー 北斎・広重・三代豊国 還暦からの挑戦浮世絵太田記念美術館(東京・表参道)

 著名な浮世絵師、北斎・広重・三代豊国の晩年の傑作を紹介 入館料:一般700円、大高生500円、小中生200円(土・日・祝日は無料)

9/2(土)~10/25(木):ヴェネツィア絵画のきらめき~栄光のルネサンスから華麗なる18世紀へ~Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)

 イタリアの美術館や個人コレクションの盛期ルネサンスの作家からヴェネツィア派の作家の作品を含む約70点を展示

料金:一般1300円、大学・高校生900円、中学・小学生600円

9/4(火)~10/21(日):平山郁夫 祈りの旅路東京国立近代美術館(東京・千代田区北の丸公園)

 平山郁夫氏の60年にわたる作画をたどる回顧展 入館料:一般1300円、大学生900円、高校生500円、中学生以下無料

9/4(火)~11/4(日):旅番組を旅する~「新日本紀行」から「てくてく旅」「鉄道の旅」まで~NHK放送博物館(東京・港区神谷町)

 1960年代以来NHKが伝えたきた紀行番組や旅番組の系譜を紹介 入館料:無料

9/5(水)~11/18(日):開館30周年記念展Ⅳ ようこそ!ちひろの家へちひろ美術館(東京・練馬区)

 「家」をテーマにした代表作や絵本などを紹介 入場料:大人800円、高校生以下無料

9/8(土)~10/21(日):怪獣と美術ー成田亨の造形芸術とその後の怪獣美術ー展三鷹市美術ギャラリー(東京・三鷹)

 「ウルトラQ」などの特殊美術を手がけた成田亨が描いた怪獣を紹介 観覧料:一般600円、高・大生300円、中学生以下無料

9/8(土)~12/2(日):紙でつくったモデルシップ ―繊細な紙模型の世界日本郵船歴史博物館(横浜・湾岸通り)

 戦前・戦後の商船を中心に今人気の豪華客船まで、紙模型船の世界を紹介 入館料:一般500円、中高生300円、小学生以下無料

9/14(土)~10/8(月):テーマ展示 合戦絵巻横浜市歴史博物館(横浜・センター北)

 平安時代末期から鎌倉時代にかけての合戦絵巻を紹介・展示 併せて、横浜市港北ニュータウン遺跡群で発掘された資料や大鎧の復元品などの展示 観覧料:大人200円、高校生以下無料 *常設展示観覧料は別料金

9/15(土)~11/4(日):絵で読む宮沢賢治展ー賢治と絵本原画の世界平塚市美術館(神奈川県平塚市)

 詩人である宮沢賢治は童話作家としても知られている その賢治の作品を題材にした絵本作家やアーティストの絵本原画を中心に展示 観覧料:一般700円、高大生500円、中学生以下無料

9/15(土)~11/25(日):紫紙金泥経~その美しさに秘められた謎~紙の博物館(東京・北区飛鳥山)

 金泥で書かれた経文の謎を解明・歴史も紹介 観覧料:大人300円、小中高生100円 *飛鳥山博物館・渋沢史料館との三館共通券もあります

9/16(日)~9/24(月):刻みたばこの歴史~実演と展示~/東京羅宇屋物語たばこと塩の博物館(東京・渋谷)

9/22(土)~11/25(日):玉川上水展江戸たてもの園(東京小金井市・小金井公園内)

9/22(土)~2008.1/28(月):地下展 UNDERGROUND 空想と科学がもたらす闇の冒険日本科学未来館(東京・お台場)

 最新の科学が挑む未来の領域、地下世界に関する企画展 料金:大人900円、18歳以下350円

9/22(土)~2008.3/23(日):モネと画家たちの旅ーフランス風景画紀行ポーラ美術館(神奈川・箱根)

 入館料:大人1800円、大学・高校生1300円、中学・小学生700円(土曜日無料)

9/26(水)~11/18(日):特別展 文豪・夏目漱石ーそのこころとまなざしー江戸東京博物館(東京・両国)

 夏目漱石の生い立ちから文学者としての歩みを、関係資料など計800点とともにたどる展示会 観覧料:一般1100円、大学・専門学校生880円、中学生(都外)・高校生550円、小学生・中学生(都内)550円 *小学生と都内在住・在学の中学生は常設展観覧料が無料

9/26(水)~12/17(月):アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール〔牛乳を継ぐ女〕とオランダ風俗画展国立新美術館(東京・六本木)

 17世紀のオランダで活躍した風俗画家・フェルメールの作品を紹介 観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料

|
|

« ミツバチ集団失踪、日本でも | トップページ | 猛暑で火災報知機誤作動?! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/15562530

この記事へのトラックバック一覧です: 9月注目の博物館・美術館:

« ミツバチ集団失踪、日本でも | トップページ | 猛暑で火災報知機誤作動?! »