« オールド・ノリタケの世界 | トップページ | 季節の花々~そろそろ梅雨? »

7月注目の博物館・美術館

☆7月オープンの博物館・美術館☆

7/14:小樽市総合博物館:北海道小樽市

 2006年3月に閉館した「小樽交通記念館」跡地に小樽交通記念館、小樽市立博物館、青少年科学技術館などの施設を統合させた市総合博物館がオープン。北海道の開拓を支えたSL「しづか号」など50両の列車を展示。約10万点の収蔵品を活用した企画展も年3~4回開催予定。 入館料:一般400円、高校生200円、中学生以下無料 *運河館との共通入館券もあります

7/14:桃太郎史料館:岡山県高梁市

 桃太郎研究家で知られていた故・小久保氏の収蔵資料約3000点を受け継ぎオープン。江戸時代の絵巻や明治時代に翻訳された英語絵本、紙芝居などを展示。変わったところではお菓子やお酒のパッケージなど多彩な資料が桃太郎の世界へいざないます。開館日:毎週土・日・祝日 入館料無料

7/21:県立八雲立つ風土記の丘展示学習館八雲立つ風土記の丘):島根県松江市

 「八雲立つ風土記の丘史料館」を全面改修、バリアフリーを施してリニューアルオープン。国史跡「出雲国府跡」周辺の出土品などを展示、建物が建つ風土記の丘周辺を大型模型やグラフィックなどで紹介するコーナーもある。入館料:一般200円、大学生100円、小・中・高校生無料

☆7月の気になる展示会☆

7/3(火)~9/22(土):絹ものがたりー日本の伝統服飾にいきづく絹文化ー文化学園服飾博物館(東京・新宿)

 着物や宮廷装束、能装束など日本の伝統服飾の中の絹織物を紹介。入館料:一般500円、大高生300円、小中生200円

7/3(火)~10/14(日):特別展「世界の珍品カメラ」~中村一雄コレクション展~日本カメラ博物館(東京・千代田区)

 故・中村一雄氏が集めた珍品カメラのコレクションを中心に展示。入場料:一般300円、中学生以下無料

7/5(木)~9/30(日):「鉄道マニアvs切手マニア」切手の博物館(東京・高田馬場)

 鉄道車両や駅舎など“切手で魅せる驚異の鉄道ワールド”をテーマにした展示会。料金:一般200円、小中学生100円

7/7(土)~9/30(日):「デザイナー・夢二の世界」展~和の雑貨からグラフィック・デザインまで~竹久夢二美術館(東京・文京区根津)

 入館料(弥生美術館・竹久夢二美術館二館共通):一般800円、大・高生700円、中・小生400円

7/7(土)~8/19(日):大谷コレクション肉筆浮世絵 美の競演ー珠玉の浮世絵美人ニューオータニ美術館(東京・赤坂 ホテルニューオータニ内)

 大谷コレクションの中から重要美術品2点を含む約50点を展示 入館料:一般700円、高大生500円、小中生300円、宿泊者無料

7/7(土)~9/2(日):美内すずえと「ガラスの仮面」展世田谷文学館(東京・世田谷区)

 観覧料:一般500円、大・高生300円、中・小生200円

7/7(土)~9/9(日):金刀比羅宮 書院の美東京藝術大学大学美術館(東京・上野)

 香川県琴平町の金刀比羅宮に伝わる美術品を紹介 観覧料:一般1300円、大学・高校生800円

7/8(日)~7/16(月):あおもり縄文まほろば展江戸東京博物(東京・両国)

 国特別史跡の三内丸山遺跡から出土した大型板状土偶や縄文ポシェットなど、青森県内の縄文遺跡から出土した約400点を展示 入館料:無料

7/10(火)~9/9(日):大鉄道博覧会江戸東京博物館(東京・両国)

 明治以来の日本の鉄道の歩みを振り返る展示会 観覧料(特別展のみ):一般1100円、大学・専門学校生840円、中学生(都外)・高校生450円、小学生・中学生(都内)450円 *常設展共通券もあります

7/10(金)~9/30(日):テーマ展示「甲州金~武田氏ゆかりの金貨~」日本銀行金融研究所貨幣博物館(東京・日本橋)

 戦国時代に武田氏の領国・甲州(現在の山梨県)で作られた金貨・甲州金を紹介 入館料無料

7/11(水)~7/16(月):“ハリー・ポッター”の世界展~ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団~伊勢丹新宿本店7階・催物場(東京・新宿)

 7月20日から公開する「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 それに合わせて映画1作目から最新作までの小道具や衣装などを展示、関連グッズを紹介 入場無料

7/14(土)~9/2(日):サンキュー サザエさん展長谷川町子美術館(東京・世田谷区桜新町)

 放送39年目を迎えたアニメサザエさんの原作からアニメの歴史までを紹介 入館料:一般600円、大高生500円、中小生400円

7/14(土)~9/24(月):インカ マヤ アステカ展国立科学博物館(東京・上野)

 中南米に栄えた「インカ・マヤ・アステカ」の三大文明を紹介 展示品のほとんどが今回日本初公開 入館料:一般・大学生1400円、高校生600円、中学生以下無料

7/18(水)~9/9(日):ファーブル昆虫展江戸東京たてもの園(東京・小金井市 都立小金井公園内)

7/20(金)~9/17(月):一葉の灯りー模型で見る一葉の世界ー台東区立一葉記念館(東京・台東区)

 一葉の世界の模型を作り続けてきた、浅草の檜細工師・三浦宏氏の作品を展示。入館料:一般300円、小・中学生100円

7/21(土)~9/30(日):ジブリの絵職人 男鹿和雄展東京都現代美術館(東京・江東区)

 トトロの森や数々の名シーンを描いた男鹿和雄氏をとりあげた展示会 観覧料:大人・大学生1100円、中高生900円、小学生600円

7/26(木)~8・26(日):キスリング展そごう美術館(横浜)

 日本では15年ぶりの個展で、ジュネーヴにあるプティ・パレ美術館所蔵の作品を中心に70点あまりを展示。 入館料:大人1000円、大学・高校生800円、中学生以下無料

7/31(火)~9/9(日):足利義満六百年御忌記念「京都五山 禅の文化」展東京国立博物館・平成館(東京・上野)

 観覧料:一般1500円、大学・高校生900円、中学生以下無料

7/31(火)~9/9(日):吉村作治の早大エジプト発掘40年展曾津八一記念博物館(東京・早稲田大学構内)

 吉村作治氏率いる早稲田大学エジプト調査隊の40年の活動を記念して、同隊が発掘した250点あまりを展示 入館料:一般1300円、高・大生1000円、小・中学生800円

7/31(火)~9/17(月):景徳鎮千年展 皇帝の器から毛沢東の食器まで渋谷区松涛美術館(東京・渋谷)

 景徳鎮の磁器の歴史を紹介 入館料:一般300円、小中学生100円

|
|

« オールド・ノリタケの世界 | トップページ | 季節の花々~そろそろ梅雨? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/15090787

この記事へのトラックバック一覧です: 7月注目の博物館・美術館:

« オールド・ノリタケの世界 | トップページ | 季節の花々~そろそろ梅雨? »