« 上野公園 博物館めぐりⅡ | トップページ | JRのICカード相互利用へ »

上野公園 博物館めぐりⅢ

Ca330229 もう一つの展示会は、国立科学博物館から徒歩1分ほど、やはり上野公園内にある東京国立博物館です。敷地内には日本の美術・工芸・歴史資料を集めた本館、東南アジアや中国・朝鮮半島などの美術品や考古遺物を展示している東洋館、日本の考古遺物展示や特別展会場となる平成館、法隆寺の献納宝物を展示している法隆寺宝物館、今年4月17日からリニューアルオープンし、教育普及活動を行なう場所になった表慶館の5つの展示館があります。〔写真:東京国立博物館本館

Ca330227 今回ここでは本館と平成館の2会場を使って、レオナルド・ダ・ヴィンチの秀作が特別展されています。

 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」 3/20(火)~6/17(日) 観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生900円

 まずは、本館1階・特別5室へ。ここには、ダ・ヴィンチの初期の作品「受胎告知」が展示されています。物々しい警備状況ですね。入り口にはめずらしく、大勢の警備員が配置され、金属探知機が設置され、バッグの中身を検められました。ここではこれほどの厳重な警備に行き当たったこのがなかったので、ちょっとびっくり! しましたね。

 部屋に入るとゆるいスロープが続き、先には1枚の絵が飾られていました。でもそこにたどり着くまでが、行ったり来たりの緩やかなスロープ。うう~ん、これが部屋の中が薄暗い上に、スロープでしょ? 杖をついて歩く私には、苦手な状況なんですよね~^^; うっかりすると、こけちゃいそうで、ゆっくり、ゆっくり、歩きましたよ。そんなもので、なかなか絵の所までたどり着けない。ようやく絵のところに近づいたと思っても、人の頭・頭・頭・・・ うう~ん、ちと、見えづらい・・・ もう少し近づくには、もう少しスロープを降りないといけないんですが、絵のほうばかり見ていると、けっつまづきそうになるんですね、これが・・・ それでも、「立ち止まらずに歩いてください」などと、警備に当たっている私服の警備員に言われるけど、けっこうそれも、大変なんだよ、あなた!。絵の前まで来てもゆっくり見ている暇などないの。絵にあまり気をとられると、足が止まっちゃうし、歩きながら見るという芸当は、今の私には出来ませんよ~(T.T) 何度か足をもつれさせながらも、絵の前を通り過ぎました。うう~ん、やっぱり、絵はゆっくり、じっくり見たいものですね^^;

 え?絵の感想? まあ確かによかったけど、TVとかで解説付きで見たほうが、ゆっくり細部まで見れたかも・・・ でも、聖母マリアの髪の柔らかさとか、彼女の前においてある台の見事な彫刻とか、天使の翼がまるで本物の鳥の翼を思わせるような繊細で今にも羽ばたきだしそうな精密さとか、人物の衣服の襞の表現とか、聖母マリアの後ろにある開かれた部屋の内装とか、天使の足元に広がる花々の可憐な描き分けとか、とても、20代を少し過ぎただけの青年に描けるものかと感心したりもしました。 ←ん? けっこう細かいとこ見てるじゃないって? ええそれはもう、必死に魅入りましたから^^;

 次は第二会場の平成館2階・特別展示室へ。ここでは、ダ・ヴィンチの生涯や映像シアター、彼が残した手稿などに基づいて、その「天才」の実像を探る展示となっています。ダ・ヴィンチは有名な「モナリザ」などを描いた画家として有名ですが、実は彼の半生では絵画を描いたのは十数点に留まり、その多くが未完成のものであったのはあまり知られていません。また、絵画に留まらず、彫刻、建築、土木、軍事顧問などと彼の活動範囲は多岐に及び、人体の不思議や鳥の飛行の研究なども行なっていました。そんな彼の残していったものを見ると、当時の情勢・宗教などから見ると、「異端児」であったことがありありと見えてくるもので、「早く生まれすぎた天才」でもあるのだと、思えました。彼が今現在に生まれていたとしたら・・・

Ca330230  さて、ずいぶんと長居をしました。時計を見るともう3時半過ぎ・・・ そろそろ、家路に着こうかな。

 〔写真東京国立博物館・表慶館

Ca330232 帰りはいつものように、新宿から特急ロマンスカーで。

 ん? これは・・・新型車? やった!(^。^)/ 初めて乗る、「VSE-50000型」です~^^ 白地で窓下に細い赤の線が入っています。展望席があって、室内もドーム型になってるんですよ^^

Ca330234Ca330236Ca330237Ca330238 座席の間隔も広いし、シートはゆったりしててすわり心地はいいし、窓枠とかテーブルとか内装は木で、かっこいい~~^^ いちどのってみたかったんだよね~。

などと、おおはしゃぎでした^^; 〔写真:ロマンスカー内部

Ca330235

|
|

« 上野公園 博物館めぐりⅡ | トップページ | JRのICカード相互利用へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すげー!!!
カッコイイ!!
美しい!!
このライン最高!!
京浜急行ファンだけどこれははずせない><

博物館・美術館情報もありますねぇ^^
私も春からコンサートデビュー。クラシックをメインにやってきます♪

投稿: なすか | 2007年5月16日 (水) 02:34

☆なすかさん☆
かっこいいでしょう~ 鉄子な私のお気に入りです^^ 白地に青のラインの「あさぎり号」もいいけど、これもかっこいいのね。来年、青い新型車が走るんだけど、やぱり、白の方がいいかな? 写真撮れたら、また載せますね^^

投稿: 葵留美 | 2007年5月20日 (日) 09:43

いいですねぇ、上の博物館巡り。
 GWに行けたらいいなと思っていたのですが、予定が入って断念……
 こちらのレポートで、ますます行きたかったなぁと思いました。
 次の機会を狙います。とほほ。

投稿: 瀬生 曲 | 2007年5月30日 (水) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/15054754

この記事へのトラックバック一覧です: 上野公園 博物館めぐりⅢ:

» 今日はプラネタリウム!と○○カフェの話・・・ [プラネタリウム室の日記帳]
今日は大阪狭山市立公民館のプラネタリウム。 いつもどおりのプラネタリウムですが何 [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 02:36

« 上野公園 博物館めぐりⅡ | トップページ | JRのICカード相互利用へ »