« 迷子の・・・ | トップページ | その後の冥王星・・・ »

大河ドラマ、佳境に・・・

 「功名が辻」いよいよ佳境に入ってきました。これから起きる天下分け目の戦いに向かってまっしぐら。秀頼が生まれて、秀次の自滅・死亡、太閤秀吉の死、大阪冬・夏二つの陣、豊臣家の滅亡、一豊と千代も混乱の中に巻き込まれていく。まあ、結果はわかっているのだけれど、ハラハラしちゃいますね^^ ところで、ようやくあの人が現れました、六平太。本能寺の変あたりから出番がなくて、どうしたのかと思ったら、明国攻めの兵にちゃっかりまぎれていたという。ひさびさの千代との再会、そのしぐさに千代への愛情が溢れている。でも? ほんのちょっとよ?出演時間^^; これからも、どう関わっていくかが見所の一つだ。

 しかし、相変わらずこの夫婦は仲がいいな~^^; 先週は秀吉の前でしばらく見つめ合っちゃうし~ 二人の世界!って感じ。。。で? 一豊さん、あなたはいったい愛妻家?恐妻家?どちらなの?

|
|

« 迷子の・・・ | トップページ | その後の冥王星・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119890/11851378

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ、佳境に・・・:

« 迷子の・・・ | トップページ | その後の冥王星・・・ »